気になっていた東京のSMクラブ

SM倶楽部はすごく興味はあるものの、値段が高く手が出せませんでした。
どうしてもソープに行ってしまう・・。
実は大阪の方のソフトSMは一度利用したことがあったのですが、正直な感想を言いますとヘルスとそれほど変わらないということでした。もちろんヘルスと違って、浣腸があったりとSMらしいことは出来たとといえば出来たのですが

sm

それほど興奮を覚えなかったのです。

しかし東京の「キングダム」というSM倶楽部のホームページを見て、ルックスの良い女の子が集まっていて東京へ行く機会があれば是非と思っていました。なぜそう思ってしまったのかは謎なんですが、掲載されている女の子の写真のせいなのか、はたまた実はそういう性癖を持っているのか・・・。

で、東京に行く機会がようやく巡ってきて事前にコースなどを確認しました。
たくさんコースはあるのですが、はじめてのお店なのでお手頃なコースを選択です。

お店に電話をしてVIPSコースの100分を利用したい旨を伝えて、利用時間など伝え、新大久保のホテルへ向かいました。女性はお任せです。

遅刻しないように10分前にはホテルに入り、到着を待っているとほとんど時間どおりにチャイムがなり、お相手の女の子を見てみるとかなりのルックスの女の子です。
まあお金が良いということなのでしょうが、こんな女の子がなぜにSMと一瞬思いましたね。

さてプレイですが、小道具がヘルスに比べて多かったように思います。というよりヘルスではオプション扱いですが、SMということもあってか標準装備の道具が多いのでしょう。確か以前、遊んだソフトSMでもそうでした。

身体を洗うため、お互いに服を脱ぎましてシャワー室へと向かいました。
肌触りも良くその後のプレイが楽しみになります。ペニスをシコシコと洗ってもらった後、ベッドルームへ。
身体を寄せ合いながら、どの小道具で攻めるかと和気藹々?とした雰囲気で話し合った後、まずはローター。キスをしながらローター責めです。濡れ具合が程よくなったところでバイブです。
どうやらバイブは大好物のようで、喘ぎが大きくなってきたので、「そろそろ本物が欲しくなったんじゃないか?」と聞いてみると「それはダメ」と言われました。
理性は残っていたようです。
そしてボチボチ私の方がいきたくなったので、キスと乳首舐め、手コキをしてもらい射精直前に彼女のお口に入れまして、口内発射です。

次にお湯浣腸です。浣腸は以前させた経験がありました。
体温に近いお湯を浣腸器で入れていきます。彼女は華奢な体つきでしたが、意外と本数いきましたね。私がレクチャーするのもなんですが、お湯浣腸は出来るだけギリギリまで入れる方が良いようで、中途半端な浣腸だと排泄しても、女の子のお腹に何か残った感が(残糞感?)出てしまうようです。

とりあえずギリギリまで浣腸した後、便所へと向かいます。出来るだけ我慢をさせます。そして便器に座らせながらフェラと手コキをさせました。お湯浣腸は排泄の際、初めは匂いの無いものが出ますが、最後の方は匂いが出てきます。
その匂いを嗅ぎながら射精です。そしてお掃除フェラ。

結構、100分という時間はあっという間で、時間ギリギリになってしまいました。

ヘルスにはない楽しみ方は出来たかな?と思うのですが、もうちょっと安くなれば・・・といっても東京にはそうしょっちゅう行けませんが。
でも楽しめたと思います。

しかし加藤鷹、サポーターになってますが、老けましたね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">